測量

  • 設計等に関し必要な地形をGNSS、トータルステ-ション等の精密機器で計測し、それを元に平面図、縦断図、横断図の作成を行います。

設計

  • 南海トラフ地震や異常気象による豪雨等に備えた、国土強靭化を目指した道路、河川、橋梁耐震化、橋梁補修設計に取り組んでいます。

道路

2車線の道路改良設計や、その他にも中山間地域など交通量が比較的少ない地域において、1車線のまま改良する区間と2車線に拡幅する区間、又は2車線化改良済み区間の活用を組み合わせた1.5車線的道路設計も行っています。

構造物

100年後も残る構造物を目指して、構造物の計画を行っています。

防災

地山法面に点在する浮石、転石などの転落防止のための落石防護柵、防護網の設計を行っています。

点検及び調査

高度成長期以降に整備された橋梁、トンネル、河川、下水道、港湾施設は、今後20年で建設後50年以上経過する施設が加速度的に多くなります。このような施設の長寿命化を図るために点検業務を行っています。

補償

  • 不動産に関して、公共事業で土地取得、建物等(工作物)の移転が発生した時の損失補償を行います。